首里・那覇方言音声データベース

品詞別索引:句

語彙数:82

61.イューニンウユバン(句)言うに及ばぬ。言うまでもない。
62.ナネーネーラン(句)気乗りがしない。
63.ヌー サビン ネーン(句)何のさしさわりもない。いっこうさしつかえない。
64.ヌードークィードー(句)何だかだ。
65.ヌーヌクィーヌ(句)何のかの。
66.ヌ ゥンジティ(句)…のくせに。…でありながら。ゥンジティ Nziti<ゥンジユン NzijuN (出る)。ゥンジトーティ Nzitooti ともいう。
67.ヌ ゥンジトーティ(句)…のくせに。…でありながら。-ヌ ゥンジティ- nu Nziti ともいう。
68.ヤーティスン(句)人の家にわが家のように出入りし、入りびたる。
69.ユゲーネーカナーン(句)[1]力が弱い。無力である。力がない。[2]力もないくせに。
70.ラクブチヌミウービ(句)金糸のはいった帯。ウェーカタ weekata [親方]以上の位階の人がしめる帯。ラクブチrakubuCiは織物の名か。
71.ヲィゲーネーカナーン(句)ユゲーネー カナーン 'jugeenee kanaaN と同じ。
72.ゥンジティ(句)-ヌ ゥンジティ -nu Nziti の項参照。
73.ゥンジトーティ(句)-ヌ ゥンジトーティ -nu Nzitooti の項参照。
74.ンニターラワリユン(句)心配で、胸がつぶれる。
75.イーリミシェービリ(句)お入りくださいという意。結婚式前の儀式のひとつで、花嫁を迎えにきた使者の呼びかけに対する返答のことば。花婿の使者は花嫁宅に到着すると、ミーユミヌアヤーメー ウンチケーシーガ チャービタン。miijuminuajaamee uNcikeesiiga caabitaN.(花嫁様をお迎えに参りました)と3回呼びかける。それに対して、花嫁側はイーリミシェービリ。 iirimiseebiri .(お入り下さい)と3回言って使者を中へ入れた。
76.ゥンマヌクラ(句)馬の鞍。押しつけられ役の意でも用いられる。
77.グソーカイゥンジャン(句)亡くなった。「死ぬ」ということを忌んで、後生へいった、といういいかたをする。
78.チュラク ナスン(句)美しくする。洗骨をする意。かつては火葬をせずに棺のまま墓にいれ、遺体が腐食した後にその骨を洗って厨子甕に納めた。骨は冷水に湯をそそいでつくったぬるま湯(サカミジ sakamizi)で骨を洗う。頭蓋骨はサカミジで洗った後に酒を浸した綿でもう一度拭く。その後、一番上に頭蓋骨がくるようにして甕に入れる。蓋と瓶の縁に、死者の名前と洗骨した火付けを酒ですった墨で書く。
79.トゥシ トゥラスン(句)年の暮れに行う感謝行事の際に言うことば。年をとらせるの意。家の主婦がトゥシ トゥラスンと言いながら、すべての家具の上にクガニー kuganii (みかんの一種)を置き、年が明けるまでそのままにしておいた。
80.ヒヌカン ヲゥガマスン(句)火の神を拝ませること。結婚式や子どもの命名式のときなどに行う。
81.ファーフジンカイ ダカスン(句)(骨を)祖先に抱かす意。幼児が亡くなったときに行う葬送の儀礼をこういう。1才に満たずに亡くなった子どもは、その骨の一部を祖父母の骨壺と一緒にして入れた。
82.ヲゥトゥユシ トゥジユシ(句)夫婦が互いに助け合うこと。

[001] [002] [003]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ