首里・那覇方言音声データベース

品詞別索引:接頭辞

語彙数:62

31.ハチ(接頭辞)初。初めての意を表す接頭辞。ハチアッチー haCiaQcii (産後の初歩き)、ハチムム haCimumu (その年の初めての楊梅) など。
32.ハン(接頭辞)半。ハンリ haNri、ハンミチ haNmici (半里)、ハンブン haNbuN(半分)、ハンニチ haNnici (半日) など。
33.フィン(接頭辞)動詞につき、急に・はげしくなどの意を表す。ひん。
34.ブタ(接頭辞)豚はウヮー waaというが、複合語の前要素として用いられる。ブタアンダ butaaNda(ブタの油)、ブタユ butaju(豚の油) などの語がある。
35.ブリ(接頭辞)むらがる意を表わす接頭辞。ブリブシ buribusi(群星)、ブリゥンマ buriNma(群れ馬)、ブリヌンジュ buriniNzu(人が大勢集まること)。
36.ベー(接頭辞)[2](接頭)倍の。ベーナンジ beenaNzi(二倍の難儀)、ベーシクチ beesikuci(二倍の仕事)など。[3](接尾)倍数を示す。
37.(接頭辞)[1]士族以上の男女の童名( ワラビナー 'warabinaa)につける美称の接頭辞。マヤマトゥー majamatuu[真山戸](ヤマトゥー'jamatuu という男の名を敬っていったもの)、マダマチー madamaCii[真玉津](女の名)、マサンドゥー masaNduu [真三郎](男の名)など。[2]真。真の・純粋のなどの意を表わす。マフィル mahwiru(真昼)、マユナカ majunaka ( 真夜中)。マー maa- となることもある。マージン maazin (真きび。トーヌチン toonuciNに対する) など。
38.マタ(接頭辞)全き。完全な。マタムン matamuN (完全なもの)。
39.ママ(接頭辞)まま(継)。血縁のない親子、兄弟姉妹の関係を意味する。ママウヤ mamauja (まま親)、ママックヮ mamaQkwa (まま子)、ママチョーデー mamacoodee (腹ちがいの兄弟姉妹)など。
40.(接頭辞)三。ミケーン mikeeN (三回)、ミファニ mihwani (三羽)、ミチャイ miQcai (三人)など。
41.(接頭辞)御(み)。御(おん)。尊敬の接頭辞。ミ ‐ mi- がつかず、ン ‐ 'N- がつく語もある。ン ‐ 'N-の項参照。ミフィサ mihwisja (おみ足)、ミフィジ mihwizi(御ひげ)、ミクシ mikusi(御腰)、ミジタ mizita(御下駄)、ミウービ miuubi(御帯)など。
42.ミー(接頭辞)新しい意を表わす接頭辞。ミージン miiziN(新しい着物)、ミージン miiziN (新しい銭)、ミーヤー miijaa (新しい家)、ミージョー miizoo (新しい門)など。
43.ミー(接頭辞)牝。めすの。ミーウシ miiusi (牝牛)、ミーガーラ miigaara (雌瓦) など。
44.(接頭辞)六。ムファニ muhwani(六羽)、ムケーン mukeeN (六回)など。
45.ムム(接頭辞)百、または、多くの・大いになどの意を表わす接頭辞。ムムトゥ mumutu (百年)、ムムジャナ mumuzana (多くの按司)、ムムカクシカクシ mumukakusikakusi (ひた隠しに隠して)など。
46.メー(接頭辞)毎。メーニン meeniN (毎年)、メーニチ meenici(毎日)など。
47.メー(接頭辞)尊敬の意を表わす接頭辞。メーヲィキガ meewikiga (殿方)、メーヲィナグ meewinagu (淑女) など。
48.イャー(接頭辞)[2]おまえの。きみの。
49.イョーヰーイョーヰー(接頭辞)おのおの・銘銘の意を表す接頭辞。あとに付く語を重複させる。ナーヤーヤー naajaajaa(めいめいの家)、ナーイーイー naaiiii(めいめいが違うことを言うこと)など。
50.ナナ(接頭辞)[2]なな。七。ナナファニ、nanahwani(七羽)、ナナケーン nanakeeN(七回)など。
51.ナン(接頭辞)何。ナンドゥnaNdu (何度)、ナンニンnaNniN(何年)など。
52.ノーブ(接頭辞)八。ヤファニ 'jahwani (八羽)、ヤケーン 'jakeeN (八回)など。
53.ヤカリ(接頭辞)ずうずうしいやつ、太いやつの意。
54.ヤトゥ(接頭辞)特に大きい意を表す。大 (おお) 。巨大な。ヤトゥムチ 'jatumuci (大きな餅)、ヤトゥウヮー 'jatuwaa (大豚)、ヤトゥマギー 'jatumagii ( 巨大なもの) など。ヤトゥガチマヤー 'jatugacimajaa (大食い)。
55.ヤナ(接頭辞)悪い意を表わす。悪い・ 醜い・ いやな・性悪の・不正な、など。ヰー -'ii- (いい) に対する。ヤナサン 'janasaN は主として見た目の美醜などに関して用いるが、ヤナ- 'jana- はそれだけでなく、ワッサン 'wa Q saN の意も含み、非常に多くの語につく。
56.ヤマ(接頭辞)野性の意を表わす。ヤマイン'jamaiN (のら犬)、ヤママヤー 'jamamajaa (のら猫)、ヤマカンダ 'jamakaNda (野朝顔) など。
57.(接頭辞)四。ユファニ 'juhwani (四羽)、ユケーン 'jukeeN (四回) など。
58.ユナ(接頭辞)[1]米の。ユナバーキー 'junabaakii ( 米を入れるざる) など。[2]砂の。砂利の ユナミチ 'junamici (砂の道) など。ユナバル 'junabaru [与那原]、ユナファ 'junahwa [与那覇]などの地名の ユナ- 'juna- も砂の意と思われる。
59.ユム(接頭辞)悪罵・嫌悪の意を表わす接頭辞。いやな。…め。ユムヲィナグ 'jumuwinagu ( あま。女をののしっていう語)、ユムドゥイ 'jumudui (鳥め)など。ユン‐ 'juN- の項参照。
60.ユン(接頭辞)嫌悪の意を示す接頭辞。ユンガシマサン 'juNgasimasjaN ( やかましい)、ユングサミチ 'juNgusamici (立腹)、ユンハゴーサン 'juNhagoosaN ( きたならしい)、ユングササン 'juNgusasaN ( いやなにおいがする) など。名詞に付く場合には ユム ‐jumu- となることが多い。

[001] [002] [003]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ