首里・那覇方言音声データベース

ナチュン /na=cuN(=カン,=チ)/ 1
(自動詞) =kaN、 =ci

意味:

[1]泣く。(悲しんで) 泣く。泣きさけぶ意ではアビユン abijuNという。
[2]〔文〕鳴く。口語では、鶏の鳴くのは ウタユン utajuN、目白・うぐいすなど小鳥の場合は フキユン hukijuN、犬・猫・豚の場合は アビユン abijuN という。
タルユ ウラミトゥティ ナチュガ ハマチドゥリ、アワン チリナサヤ ワミン トゥムニ。Taruju uramituti nacuga hamaciduri,awaN Cirinasaja 'wamiNtumuni.[誰よ恨めとて 鳴きゆが浜千鳥 会わぬ つれなさや 我身も共に] 誰を恨んで鳴くのか浜千鳥よ、子を失って会えぬ悲しみは、わたしも同じだ。
ウヌ チャーヌ ワラビヌン ウヤヌ アーサクトゥ シクシク ナチョーサ。unu caanu 'warabinuN ujanu aasakutu sikusiku nacoosa.
ヲィキガヌ ウヤンカイ ヌラーッティ シックイハックイ ナチョーン。'wikiganu ujaNkai nuraaQti siQkuihaQkui nacooN.

関連標準語:

なく〔泣く〕なく〔鳴く〕

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ