首里・那覇方言音声データベース

ミー /mii/
(名詞)

意味:

[1]目。
ミー ハユン。mii hajuN.驚いて、またあきれて 目を見張る。
ミー フラチュン。mii huracuN.目を開く。
ミー フィッチェーラスン。mii hwiQceerasjuN.目を回す。気絶する。
ミー クファユン。mii kuhwajuN.目がさめる。また、眠られなくなる。
ミー クーユン。mii kuujuN.目を閉じる。見まいがする。また、死ぬ。
ミー マッテーン ナユン。mii maQteeN najuN.驚いて目をまん丸くする。
ミー ムゲーユン。mii mugeejuN.見ていてむかむかと腹が立つ。
ミーニ クィーユン。miini kwiijuN.わがままなどの度が過ぎて 目に余る。
ミーヌ フェー ウーリ。miinu hwee uuri.目の蠅を追え。人をかれこれ言わずに自分のことをせよ。
ミーヌ クェーユン。miinu kweejuN.目が肥える。鑑識力が増す。
ミーヌ モーユン。miinu moojuN.見ていて腹が立つ。
ミーン シルナチ ワラユン。miiN siru naci 'warajuN.目がなくなるほど目を細めて笑う。
ミーン トゥジャ ナユン。miiN tuza najuN.目に角立てて怒る。
ミーン フヤギラン。miiN hujagiraN.目を上げて見ようともしない。無視する。また、恥じて顔も上げられない。また、疲れ切って目も動かせない。
ミートゥ ハナ。miitu hana.目と鼻の間。きわめて近い所。ミートゥ ハナバナ Miitu hanabanaともいう。
ミートゥヰンタキ。miitu 'iNtaki.目と同じ高さ。また、子が成長して親と同じくらいになること。
ミートゥ ヰンタキ ナレー、キロークノー スル ムノー アラン。miitu 'iNtaki naree、kirookunoo sjuru munoo araN.子が大きくなったら目と同じ高さになったら、とやかくこごとを言うものではない。
[2]穴。貫通した穴を多くいう。イシガチヌ ミー。isigacinu mii。石垣のすきまの穴。ハーイヌ ミー。haainu mii。針の目。針のめど。
ハシルヌ ミーカラ スーミ スン。hasirunu miikara sjuumi sjuN.雨戸の穴からのぞき見する。
[3]欠点。欠陥。また、会計上の欠損。また、手落ち。
ミー アチュン。mii acuN .ミー フガスン Mii hugasuNともいう。イ穴があく。ロ会計・仕事などに、欠損・手落ちが生じる。ハ期日などに間に合わずに恥をかく。◆∈∈{◆{穴を埋める。会計の穴を埋める。また、間に合わせの処置をする。
ミーヌ ウフサン。miinu uhusaN.欠点手落ちが多い。
[5]境遇。立場。
ヤナミーハッチャカティ。'janamiihaQcakati.いやな目に会って。
イララン ミーヌンカイ イッチ。iraraN mii Nkai iQci.恥ずかしい目に会って。困った目に会って。
[6]めぇっ。叱ることの小児語。目を見ろの意。子供をにらんで叱る時にいう。
ミー スン。Mii sjuN.「めぇっ」と言って叱る。
[7] (接尾)…目。順番を表わす。ターチミー taaCimii (ふたつ目)、サンバンミー saNbaNmii(三番目)、グニチミー gunicimii (五日目) など。

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ