首里・那覇方言音声データベース

/-ga/
(助詞)

意味:

[1]が。人名・人代名詞などに付いて主格を示す。他の名詞の主格はふつう-ヌ -nu (が)で表わされる。ただし、人を表わす名詞の場合、-シ -Siに終わる形の場合(逆接の-シガ -Siga とは別)、その他の場合にも-ガ -ga の付く例がある。また、-ガ -gaのあとには-ヤ -ja (は)、-ン -N (も)、-ドゥ -du(こそ)などの助詞が付いて-ガー -gaa、-ガン -gaN 、-ガドゥ -gadu などとなることがある。なお、ワン 'waN (わたし)に付く時はワーガ 'waaga(わたしが)となる。ワーガ カチャル ティガミ。'waaga kacaru tigami。わたしの書いた手紙。アリガドゥン ムシカ ワサタドゥン スラバ。arigaduN musika 'wasataduN sjuraba。[あれがどももしか 我沙汰ども しゆらば]彼女がもしもわたしの話でもしたら。
(M)(F)アリガ チャン。ariga caN.彼が来た。しかし、たとえば アマ qqamaあのかた の場合はアマヌ qqamanuと言い、アマガ qqamagaとはふつう言わない。
(M)(F)シンシーガ ゥメンソーチョーン。siNsiiga meNsoocooN.先生がいらっしゃっている。この場合はシンシーヌ siNsiinu とも言える。
(M)(F)ンーダンシガ マシ。'NNdaNSiga masi.見ない方がよい。
『ンーダンシェー マシ。』'NNdaNsee masi.見ない方がよい。
(M)(F)『ヌー ヤティン カムシガ アミ。』nuu 'jatiN kamuSigaami.何か食べるものがあるか。
(M)(F)アリガー イチュサ。arigaa icusa.彼なら行くよ。
(M)(F)『ワーガー ナランシガ、イャーガー ナユミ。'waagaa naraNSiga、jaagaa najumi.わたしにはできないが、おまえにできるか。
(M)(F)ヤマトゥンチュガー アネー サン。'jamatuNcugaa anee saN.日本人ならそうはしない。
(M)(F)ワンヤカ フカネー ターガン シラン。'waNjaka hukanee taagaN siraN.わたしよりほかには誰も知らない。
(M)(F)クレー ワーガン ナユン。kuree 'waagaN najuN.これはわたしにでもできる。
[2]の。が。属格を示す。-ヌ -nuの項参照。(M)(F)アリガ シムチ。ariga『simuCi.』彼の本。
(M)(F)『シバイ ンージュシヤカ ウッサガ シシ カメー マー ハイガ。Sibai 'NNzusijaka uQsaga sisi kamee maa haiga.芝居を見るよりはその分の肉を食べた方がどれだけいいかわからない。
[3]に。…するために。…しに。 動詞の「連用形」に付く。
(M)(F)イユ トゥイガ イチュン。)■◇{iju tuiga icuN.}◇◆{魚をとりに行く。}◆)∈)∧∧{∈{■{(M)(F)タームンガ。taamuNga.だれの物か。
(M)(F)ターガ。taaga.だれか。
(M)(F)チャー スガ。caa sjuga.どうするか。
(M)(F)アームエー ヌーサーニ チュクテーガ。aamuee nuusaani Cukuteega.泡盛は何で作ってあるか。

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ