首里・那覇方言音声データベース

カテゴリー別索引:植物

語彙数:461

1.アーサ(名詞)[1]海草の名。青のりの一種。あおさ。わかめのようにして汁の実などにする。モーアーサ mooaasa と区別してウミアーサ umiaasa ともいう。[2]モーアーサ mooaasa(菌糸類の一種)と同じ。
2.アカギ(名詞)植物名。赤木。亜熱帯性の喬木。その実は熟すれば食べられる。
3.アカグー(名詞)さつまいもの一種。肉が黄色で、黄色の粉をふき、美味。金時という種類に似ている。八重山で産地として有名だったため、エーマアカグー 'eemaakaguu ともいった。
4.アカナ(名詞)植物名。紫蘇。
5.アカバナー(名詞)ぶっそうげ(仏桑華)。亜熱帯植物で高さ3メートル余りに達し、深紅の花が咲く。霊前に供える。
6.アカマーミー(名詞)あずき。
7.アシジラー(名詞)芝。芝草。アシジリ asiziri ともいう。
8.アシジリ(名詞)芝。芝草。アシジラー asiziraa ともいう。
9.アシジリユンジリ(名詞)[1]アシジリ △asiziri 芝草の卑称。[2]ユンジリ 'juNziri (足の指の付け根が切れること)の卑称。アシ -asi- には足の意のほかに、悪いという語感もある。
10.アダナシ(名詞)アダニ adaN (阿旦) の気根。また、その繊維で作った縄。
11.アダニ(名詞)阿旦。たこのき科の亜熱帯性常緑灌木。気根を生じ、葉は細長く、とがり、刺がある。葉からござ・帽子などを作り、気根の繊維は縄などにする。アダン adaN ともいう。
12.アワ(名詞)栗。
13.イーク(名詞)植物名。もっこく。良材となり、また、樹皮から茶褐色の染料をとる。
14.イシグーゥンム(名詞)甘藷の一種。堅くて石のようで、蒸すと粉をふく。
15.イジュ(名詞)植物名。口語はゥンジュ Nzu 。椿科。さざんかの一種。椿に似た厚い葉で、白く美しい花が咲く。良材となる。
16.イチュビ(名詞)いちご (苺) 。
17.イッサクフーロー(名詞)どじょういんげん。フロー huuroo 十六ささげともいう。
18.イリムサー(名詞)虫食いいも。フィームサー hwiimusjaa ともいう。
19.インクニブ(名詞)橙。デーデー deedee ともいう。
20.インクニブー橙。デーデー deedee ともいう。
21.インジンマーミ(名詞)いんげん豆。
22.インチングサ(名詞)ぼたんぼうふう。チョーミーグサ coomiigusa ともいう。
23.インディー(名詞)かぶ。ウンディー uNdii ともいう。
24.インドゥー(名詞)インドゥーマーミ iNduumaami と同じ。
25.インドゥーマーミ(名詞)えんどう豆。
26.インドーえんどう豆。
27.インドーマーミえんどう豆。インドゥーマーミiNduumaamiともいう。
28.ヰー(名詞)藺(い)。燈心草。ビーグ ヰー biiguii、サチ ヰー saciii の二種がある。
29.ウイ(名詞)瓜。
30.ウーニ(名詞)大根。「おおね」の意。

[001] [002] [003] [004] [005] [006] [007] [008] [009] [010] [011] [012] [013] [014] [015] [016]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ