首里・那覇方言音声データベース

カテゴリー別索引:鳥類

語彙数:66

31.タカジクク(名詞)ふくろう。
32.タワチー(名詞)[1]闘鶏。鶏の一種。しゃも。タウチー taucii ともいう。[2]△またその鶏を、財物をかけて戦わせること。タワチーオーラシェー tawaciioorasee という。
33.チクク(名詞)ふくろう。みみずくは マヤージクク majaaZikuku という。
34.チジュイ(名詞)千鳥。海浜に群れて鳴き飛ぶ小鳥。チジュヤー cizujaa ともいう。文語はハマチドゥリ hamaciduri.
35.チジュヤー(名詞)千鳥。チジュイ△cizui と同じ。
36.チョッチョングヮー(名詞)ささ鳴きするころのうぐいす。ささ鳴きの声から名付けたもの。
37.チンチナー(名詞)ひばり。雪加。燕雀目の小鳥。チンチン ciNciNと鳴く声から名づけたもの。
38.トゥイ(名詞)[1]鳥[2]鶏。
39.トゥイグヮー(名詞)小鳥。小さい鳥。
40.トゥビトゥイ(名詞)飛ぶ鳥。鶏(単にトゥイ tuiということが多い)などと区別して飛ぶ鳥を呼んだもの。野鳥のこと。
41.ハートゥイ(名詞)鶏の一種。カラハートゥイ karahaatuiの略。その項参照。
42.ハートゥヤー(名詞)鶏の一種。カラハートゥイ karahaatuiの略。ハートゥイ haatuiと同じ。
43.ハマチドゥリ(名詞)浜千鳥。口語はチジュヤー cizujaa 。
44.ヒューシ(名詞)ひよどり。ヒューサー hjuusaa とも、スーサー suusaa とも言う。
45.フェンサ(名詞)はやぶさ。「はいんさ 鷹の惣名(混効験集) 」
46.フクガー(名詞)[1]鶏の一種。烏骨鶏(うこっけい)。フクギー hukugii (ふくげ) のあるものの意。[2]寒さで、ふくげの立った鶏。
47.フクガードゥイ(名詞)[1]鶏の一種。烏骨鶏(うこっけい)。[2]寒さで、ふくげの立った鶏。
48.ホートゥ(名詞)はと。ックヮグヮー ティーチェー Qkwagwaa tiicee(子供を一人) といって鳴く。クトゥークィークィー ックヮグヮー ティーチェー オーヌ ヤマゥンジ ナサワ クィラ ヤー。kutuukwiikwii Qkwagwaa tiicee oonu 'jama Nzi nasawa kwira 'jaa.(童謡) クトゥークィークィー(はとの鳴き声)、子供を一人奥武の山へ行って生んだらあげよう。
49.マッタラー(名詞)[1]つばめ。[2]紙凧のひとつ。マッタクー maQtakuu と同じ。
50.マヤージクク(名詞)みみずく。<マヤー majaa (猫)+ チクク Cikuku (ふくろう)。
51.ミードゥイ(名詞)めんどり。ミードゥイヌ ウタレー ヤク。Miiduinu utaree 'jaku.めんどりが時を告げたら厄がある。
52.ニバンドゥイ(名詞)二番鶏。一番鶏についで鳴く鶏。午前三時頃鳴く鳥。
53.ニワトゥイ(名詞)鶏。普通は トゥイ tui という。
54.ユーガラシ(名詞)夕方に出てくる鳥。夕方に鳴く鳥の声はとくに不吉とされており、屋根の上で鳴くのを聞くとヰークトゥ カタリ 'iikutu katari (よい事を語れ) と言ってまじなう。
55.ユーユー(名詞)鶏の小児語。
56.ワシヌトゥイ(名詞)わし。鳥の名。
57.ガートゥイ(名詞)鳥の名。鴨。ミジアフィル miziahwiru、あるいはガーナー gaanaa ともいう。
58.ガーナー(名詞)鳥の名。鴨。ミジアフィラー miziahwiraa、ガートゥイ gaatui ともいう。
59.クヮンヌンアフィル(名詞)観音アヒル。体色は白く、鼻が赤い。冬瓜といっしょに煎じた汁を、ぜんそくや結核の薬として用いる。雄が薬になるといわれる。
60.チャーン(名詞)鶏の名。矮鶏(ちゃぼ)。鳴き声が美しく、その声が果報をまねくとして那覇や首里の中流以上の家庭でさかんに飼われていた。脚が短いのが特徴。チャーンが声を出すことには鳴くとはいわず、ウタイン utaiN(歌う)という。

[001] [002] [003]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ