今帰仁方言音声データベース

今帰仁方言概説

今帰仁方言は,北琉球方言の中の沖永良部与論沖縄北部諸方言の下位方言の一つです。沖永良部与論沖縄北部諸方言は,沖永良部島,与論島,沖縄本島北部とその周辺離島(伊平屋島,伊是名島,伊江島,古宇利島,屋我地島,瀬底島,水納島)で話されている方言です。距離的には少し離れていますが,喜界島,沖縄本島南部の知念半島東方海上にある久高島,中部の勝連半島東方海上にある津堅島の方言もこのグループに入ります。

沖縄北部諸方言と沖縄中南部諸方言の境界線は,太平洋側では石川市石川と金武町屋嘉の間に,東支那海側では恩納村谷茶と恩納村恩納の間にあります。そこから北の地域のことばが沖縄北部諸方言で,与論島,沖永良部島まで共通の特徴がみられ,大きなまとまった方言圏を形成しています。

北山,中山,南山の三つの地域が政治的に対立していた時代,沖縄本島の北半分を支配していた北山の居城があったのが今帰仁です。北山王の次男が沖永良部の世の主(支配者)になり,三男が与論島の世の主になったという伝説があって,この地域の結びつきを象徴しています。

全体的な傾向として,標準語のハ行子音に対応してpが表れ,カ行の子音kがhに変化しています。今帰仁方言には,他の沖縄本島北部方言と共通する次の特徴があります。

  1. 標準語のハ行の子音/h/に対応して/p/が表れます。これは日本語の古い発音を保存しているのです。名護市,本部町,伊江島,与論島の方言にも/p/がみられます。喜界島,沖永良部島,国頭村,大宜味村の方言では摩擦音化して/Ф/になっています。
    パナー 花, びー 火, プニ 船, びー 屁, プニ 骨
  2. 標準語のカ・コの子音/k/が/h/に変化しています。大宜味村,国頭村の方言の中には標準語のケの子音/k/が/h/に変化しているところもあります。
    ハヂー 風, ハミ 甕, フミー 米, フシー 腰
  3. 喉頭音化した破裂音と喉頭音化しない破裂音の対立があります。今帰仁方言音声データベースでは(『沖縄今帰仁方言辞典』も),喉頭音化した子音を含む音節をかな文字で書き表す場合,ひらがなで表記し,喉頭音化しない子音を含む音節を書き表す場合,カタカナで表記します。

    喉頭音化:子音を発音するとき,また単語が母音で始まるとき,喉頭(声帯)が緊張して声門が特に狭められるか,あるいは閉じられるかする現象です。喉頭音化した音はつまったような高くて固い感じの音色になります。母音ではじまるときには,いったん閉ざされた声門が急に開いて発音されるために,きっぱりと,いくらか高くて固い感じの音ではじまります。この母音を発音するまえにいったん声帯が緊張して閉じられ,声門を急激に開放する発音を声門破裂音(グロッタルストップ)といい,//の記号で書き表します。喉頭破裂音を伴わないゆるやかな声立てを/ '/の記号で書き表します。琉球方言の場合,喉頭破裂音は単語の意味を区別するのに重要な役割を果たしています。

今帰仁村の方言

今帰仁村の方言は,まず,ムトゥジクトゥバ(本地方言)と古宇利島の方言とに分かれます。ムトゥジクトゥバ(本地方言)というのは,海を隔てた今帰仁の側を古宇利の人々がムトゥジ《本地》と呼んでいることによる命名です。

ムトゥジクトゥバ(本地方言)は,さらに,アガーリンシマークトゥバ(東部方言)と,イリンシマークトゥバ(西部方言)に分かれます。東部方言と西部方言の境界は,越地と平敷の間にあります。

今帰仁方言全体に共通する,今帰仁方言らしい特徴のひとつは,ターセン(高い),ミヂーラセン(珍しい)のように形容詞の語尾が「セン」になることです。

ぽーセン 多い, ヒけーラセン 少ない, フーセン 小さい, フぱーセン 固い, ヂャーセン 苦い

今帰仁方言のもうひとつの特徴は,語中の母音を長く伸ばすことです。特に,2番目,4番目の母音を長く伸ばします。

パナー 花, あラーシグーとゥ 荒仕事, ハたーパラー 傍ら

東部方言と西部方言の違いは,ア行で始まる単語の発音の違いに表れています。東部方言ではア行のままですが,西部方言では,このア行がハ行になります。

 西部方言(与那嶺)東部方言(謝名)
当たるハたールンあたールン
ハシーあシー
少ないヒけーラセンいけーラセン
忙しいヒちューナセンいちューナセン
フシーうシー
起こすフくースンうくースン

東部方言では,越地,謝名,仲宗根,玉城が一つのまとまりをなしています。同じ東部方言でも,天底,勢理客,渡喜仁,そして,運天,湧川の方言は,首里,那覇から移住してきた人々の占める割合が多く,方言にもその影響が表れています。

西部方言では,平敷,崎山,仲尾次,与那嶺の方言が似ていて,諸志と兼次がよく似た方言です。もっとも西の今泊がやや違った方言のようです。その隣りの本部町の具志堅,備瀬の方言にも今帰仁方言に似た特徴があります。全体としては,西部方言が今帰仁方言らしさを多く有していて,東に行くほど薄まっていく傾向にあるようです。

古宇利方言には,喉頭音化した破裂音と喉頭音化しない破裂音の対立がありません。これは北部方言としては珍しいことです。また,古宇利方言ではラ行がヤ行に変化しています。古宇利方言は,島として孤立しているために,今帰仁村内の他の集落と方言が大きく異なるだけでなく,屋我地島や他の周辺地域とも異なっています。

ラ → ヤ
カヤ 殻,パタヤキン 働く
ル → ユ・イ
ユユー 夜,サーユー 猿,クイマ 車
ロ → ユ
イユ 色

また,古宇利方言では形容詞の語尾は「ヘン」となっています。

タカヘン 高い, サビヘン 寂しい, アタヤヘン 惜しい

【参考文献】

仲宗根政善1977「今帰仁方言概説」(『今帰仁村史』)。今帰仁村の各集落の方言について解説しています。また,発音,アクセント,語法など各側面について分かりやすく述べています。
また,仲宗根政善先生は『沖縄今帰仁方言辞典』の意味の記述には込められなかった方言に対する思いを随筆風につづった『琉球語のうつくしさ』(1995,ロマン書房)を残しています。

管理者へメール ホーム 本DB概要 今帰仁方言概説 今帰仁方言辞典 録音について 仲宗根政善について ひとつ前に戻る ヘルプ